「カメラが見つかりません。~」というメッセージが表示される

「カメラが見つかりません。~」というメッセージが表示される

トラブル事例:「カメラが見つかりません。~」というメッセージが表示される

端末にカメラが内蔵されている(接続されている)にもかかわらず、接続開始ページで「カメラが見つかりません。接続を確認の上、リロードしてください。」というメッセージが表示されることがあります。この場合、ChromeブラウザがWEBカメラを正しく認識できていない可能性があります。



確認手順1
Chromeブラウザのアドレスバー(URLが入力されている部分)へ、「chrome://settings/content/camera」を入力しアクセスします。
すると下記のようなページ(Chromeブラウザのカメラ設定ページ)が表示されます。


※お使いのGoogle Chromeのバージョンによって画面構成が若干異なることがあります。

上記の赤枠部分にカメラの名称が表示されていれば、ChromeはそのWebカメラを認識していますが、ここに何も表示されない場合、ChromeはWebカメラを認識していません。
ここでWebカメラが正しく認識されているにもかかわらず、ベルフェイスでカメラが使用できない場合は、右下のメッセンジャーアイコンよりお問い合わせください。

確認手順2
Webカメラが外付けタイプの場合は、一度USBなどを抜いて接続を解除し、再接続をお試しください。
再接続を実施しても改善しない場合、また、Webカメラが内蔵タイプの場合は、確認手順3に進んでください。

確認手順3
可能であれば、Skypeや、端末に搭載されているカメラアプリなど他のアプリケーションでWebカメラが使用できるか、確認してください。

他のアプリケーションではカメラが使用できる場合、Chromeブラウザのみ一時的にカメラの認識が外れてしまっている可能性があり、端末を再起動することで解消することがあります。

他のアプリケーションでもWebカメラが動作しない場合、Webカメラのソフトウェアがうまく動作していない可能性がございます。確認手順4に進んでください。

確認手順4

ドライバが既に最新・もしくはドライバを更新し端末を再起動しても改善されない場合は、Webカメラ自体が故障しているなどの可能性がございます。恐れ入りますが、ご所属団体のシステム管理担当者様へご相談ください。