「ベルフェイス」が聞き取ってもらえない…ゲストに何て伝えるのがいいの?

「ベルフェイス」が聞き取ってもらえない…ゲストに何て伝えるのがいいの?

最終更新日:2021/08/07

「INSIDE SALES TIPS!」では、ベルフェイス活用のためのTips(ヒント)をご紹介します。

初めてのゲストを誘導する場合、
「”ベルフェイス”と検索してください」
と伝えても、正確に聞き取っていただけないことがあります。
貴重なお打ち合わせの時間を最大限有効に使うためにも、
よりスムーズに聞き取っていただきやすい伝え方をお教えします。



「ベル」+「フェイス」と分けて伝える
横文字表記の企業の方ならお馴染みの方法ですが、

「鈴という意味の”ベル”」に、「顔という意味の”フェイス”」です。

というように、単語を区切っていただくと、とても伝わりやすくなりますよ。




ちなみに…
ベルフェイス社内やベテランユーザーさまの中には、

「電話の”ベル”」
「ジングルベルの”ベル”」
「美女と野獣の”ベル”」
「ベルマークの”ベル”」

などなど…
実際にゲストに使っているか真偽は定かではないものもありますが、
”ベル”に関してはさまざまな伝え方のアイデアが報告されていたりします。

ユーザーの皆さまも、ゲストによって伝わりやすいたとえで
誘導の円滑化に挑戦してみてください。




実は「ベルフェイス」じゃなくても検索できる
実は、以下のキーワードでも検索結果の上位に表示されます。

「オンラインルーム」

※この検索方法はベルフェイスで保証しておりませんが、
本記事執筆時点ではどちらも検索結果最上位に発番ページが表示されます。

「ベルフェイス」がどうしても発音しにくい、伝えにくいという場合は
こちらもご検討ください!




当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。