【ホスト側】iPadでのご利用について

【ホスト側】iPadでのご利用について

トップページ » 動作環境|カテゴリートップ » ホスト側 動作環境 » 【ホスト側】iPadでのご利用について
このページでは、ホスト側がiPadを利用する場合の動作環境、機能制限の一覧、注意点を解説します。



iPad利用には申請が必要となります。弊社担当CSまでお問い合わせください。
iPadでのログイン・接続には一部機能の制限がございます。詳細は後述の内容をご確認ください。



iPad動作環境
OS
iPadOS 最新版
※過去のOSバージョン、iOS(iPhone)は動作確認対象外となります

非対応端末
iPad mini

対応ブラウザ
Safari
※GoogleChromeブラウザは使用できません

カメラ切り替えについて
接続中に限り、イン・アウトカメラの切り替えが可能です。



iPad利用時の機能制限一覧
接続中の制限
ホスト側がiPadを利用した場合、接続中には以下の機能が使用できません。

ホスト側とゲスト側のウィンドウサイズ同期
ゲストとのカーソル(ポインター)表示/同期
ゲストがホストとサイズ違いのiPad、またはiPhone/Android端末の場合、双方で利用できません。
レコログの録画
※ 管理画面上でのレコログ閲覧は可能です
提案モード時のカメラ位置の同期
共有メモのダウンロード依頼
トラックパッドを利用した入力サポート


管理画面上の制限
iPadでベルフェイスにログインした場合、管理画面上で以下の設定・機能が利用できません。

イン・アウトカメラの切替設定
Web商談
資料管理
会話検索
ルーム予約
外部サービス連携
商談記録のCSVダウンロード機能



iPadによる接続の注意点

接続中にスリープした場合、接続が終了となります
デバイスの仕様上、接続中にスリープ(カバーを閉じるなど)した場合は接続が終了されるためご注意ください。

提案モード時、カメラ位置はゲストと同期されません
資料共有する際には、ゲストへカメラ位置をずらしていただくようご案内ください。
※ 対モバイルと接続の場合、ライブ枠は左上固定となります

iPadは横向きでのご利用が推奨となります
縦向きで使用することで、画面が大きく見切れてしまいます。
iPadは横向きでご使用ください。
管理画面では、縦向きにすることで「iPadは横向きにしてお使い下さい」の表示がされ、操作できません。

ゲストもiPadを利用の場合は、ホストと同じ横向きで
ゲスト側もiPadをご利用の場合には、「ホスト側が横向き」「ゲスト側が縦向き」の状態で資料共有することで、マーカー位置がずれてしまいます。
iPad同士での接続では、ホストと同じく横向きで利用いただくようご案内ください。





当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
■ 関連ページ
【ホスト側】iPadでのご利用について

最終更新日:2021/05/27