【Salesforce連携】エクスポート先オブジェクトの選択

【Salesforce連携】エクスポート先オブジェクトの選択

最終更新日:2021/08/04

< 目次 >
1. エクスポート先オブジェクトとは
2. 連携イメージ:エクスポート先=「任意のオブジェクト」の場合
3. 連携イメージ:エクスポート先=「行動(Event)」の場合
4. 設定方法ページリンク



1. エクスポート先オブジェクトとは
エクスポート先オブジェクトとは、「ベルフェイスの商談記録情報を連携するオブジェクト」のことです。

エクスポート先として選択できるのは2つです
任意のオブジェクト (※デフォルト[bellFace商談記録]オブジェクト)
行動(Event)

以下で「任意のオブジェクト」「行動(Event)」それぞれの連携イメージを記載します。
エクスポート先として「任意のオブジェクト」「行動(Event)」のどちらを利用したいか判断し、設定を進めてください。



2. 連携イメージ:エクスポート先=「任意のオブジェクト」の場合
bellFace接続開始



接続終了後

<ベルフェイス管理画面>


<Salesforce画面>


<bellFace商談記録レコード詳細画面>


※「任意のオブジェクト」に商談情報を連携したい方は、下記ページを参考に設定を進めてください。
※デフォルトは[bellFace商談記録]オブジェクトに連携されます

3. 連携イメージ:エクスポート先=「行動(Event)」の場合
bellFace接続開始


接続終了後
<ベルフェイス管理画面>

<Salesforce画面>


<行動レコード詳細画面>




※「行動(Event)」に商談情報を連携したい方は、下記ページを参考に設定を進めてください。



4. 設定方法ページリンク一覧




当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
目次に戻る