【Salesforce連携】追加機能設定 [リードの取引開始による変換]

【Salesforce連携】追加機能設定 [リードの取引開始による変換]

最終更新日:2021/08/04

bellFace for Salesforce の追加オプションパッケージをインストールすることで、「リード」の「取引の開始」による「取引先責任者」への変換の際、「bellFace商談記録」の自動移行をサポートします。

※本手順はSalesforceのシステム管理者ユーザのみ行なえます。


前提
ご利用には以下が必要です。
bellFace for Salesforce がインストール済み
標準オブジェクト「リード」(Lead)
標準オブジェクト「取引先責任者」(Contact)

本追加オプションパッケージのインストールにより、以下が追加されます。
「bellFace商談記録」にカスタム項目「リード」(bellface_ex__lead__c)
「bellFace商談記録」にカスタム項目「取引先責任者」(bellface_ex__contact__c)
Apexトリガ「bellface_ex__LeadAfterUpdate」
Apexテストクラス「bellface_ex__LeadTriggerHandlerTest」



事前設定
すでにリードおよび取引先責任者に対して、bellFace商談記録オブジェクト内に参照項目を作成済みの場合、
該当カスタム項目を削除の上でインストールください。



手順
手順①
以下URLへアクセスください

▽ BFS Lead Conversion Support 1.2

手順②
URLにアクセスし、[すべてのユーザのインストール]を選択 > [インストール]

手順③
リードおよび取引先責任者のインポート/エクスポートマッピング
以下ヘルプページの設定5と設定6手順にて、リードオブジェクトおよび取引先責任者オブジェクトをマッピングしておきます。

手順④
設定を確認する
例)
① リードオブジェクトにて[bellFace商談開始]ボタンを押し、ベルフェイス商談を実施。

②リードの関連リスト内[bellFace商談記録]に①の商談記録が関連づけられたことを確認。

③リードの『取引開始』を実行

④変換された取引先責任者の関連リスト内[bellFace商談記録]に①の商談記録が関連付けられたことを確認。



※当パッケージをインストールすると、「取引先責任者」を参照する項目として、bellface_ex__contact__cが作成されます。
すでに「bellFace商談記録」オブジェクトで「取引先責任者」を参照する項目を作成されている場合、過去データをデータローダで移行の上、該当項目の削除およびレイアウトから除外してください。

※リードから取引先責任者へ情報連携するためには、bellface_ex__contact__cの項目が必要です。


当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
【関連ヘルプ】