【Salesforce連携】追加機能設定[レコード事前作成用ボタン設置]

【Salesforce連携】追加機能設定[レコード事前作成用ボタン設置]

最終更新日:2022/04/20
ベルフェイス接続の前に「bellFace商談記録」オブジェクトのレコードを作成したい場合、本ページの設定を実施してください。
本手順にて、ページレイアウトにベルフェイスへ接続するためのボタンを設置します。

※必須ではないため、必要に応じてご設定ください。

< 目次 >
1:「bellFace接続開始」ボタンの作成
2:「bellFace Sync」ボタンの作成
3:行動ページレイアウトにボタンを設置



1:「bellFace接続開始」ボタンの作成
※例)初期設定値「bellFace商談記録」オブジェクトの場合
1. [設定] [オブジェクトマネージャ]
2. [bellFace商談記録]を選択
3. [ボタン、リンク、およびアクション]を選択
4. [新規ボタンまたはリンク]を選択
5. 以下項目を入力
表示ラベル :任意 例)bellFace接続開始
名前 :任意 例)bellFaceConnectOpp
説明 :任意
表示の種類 :詳細ページボタン
動作 :新規ウィンドウに表示
内容のソース:URL
数式欄 :以下箇所よりURLを取得して貼り付け
①ベルフェイス管理画面 [Salesforce連携][インポートマッピング]
②「bellFace接続開始」用URL
③エクスポート先オブジェクトの親オブジェクトにボタンを設置する場合
[URLをコピー]
6. [保存]



2:「bellFace Sync」ボタンの作成
1. [設定][オブジェクトマネージャ]
2. クイック検索[bellFace商談記録][bellFace商談記録]を選択
3. [ボタン、リンク、およびアクション]を選択
4. [新規ボタンまたはリンク]を選択
5. 以下項目を入力
表示ラベル  :任意 例)bellFace Sync
名前     :任意 例)bellFaceSync
説明     :任意
表示の種類  :詳細ページボタン
動作     :新規ウィンドウに表示
内容のソース :URL
数式欄    :以下箇所よりURLを取得して貼り付け
①ベルフェイス管理画面 [Salesforce連携][インポートマッピング]
②「bellFace Sync」用URL
③エクスポート先オブジェクトにボタンを設置する場合
[URLをコピー]

6. [保存]



3:bellFace商談記録ページレイアウトにボタンを設置
※例)初期設定値「bellFace商談記録」オブジェクトの場合
1. [設定][オブジェクトマネージャ]
2. [bellFace商談記録]
3. 左側メニュー[ページレイアウト]を選択
4. ボタンを設置したいレイアウトを選択
5. 作成したボタン(例:「bellFace接続開始」「bellFace Sync」)を「モバイルおよびLightningのアクション」欄にドラッグして配置

※以下画面が表示された場合には、[定義済みアクションを上書き]をクリック

6. 該当のbellFace商談記録レイアウトに[bellFace接続開始][bellFace Sync]ボタンが設置されているか確認

7. [保存]


次へのリンク >>



当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
【関連ヘルプ】