お客さま画面共有機能

お客さま画面共有機能

このページでは、ゲスト側のPC画面を共有してもらうことが可能な「お客さま画面共有」機能を解説します。

ホスト側の画面共有の使い方は、以下ページをご確認ください。


ゲスト側がIEの場合、アプリをインストールしていただく必要があります。
ゲスト側がスマートフォン・タブレットの場合、本機能はご利用いただけません。


< 目次 >
■ お客さま画面共有機能の活用シーン
■ お客さま画面共有の操作手順
■ ご利用ブラウザごとの画面共有時の画面遷移・利用できる共有タブ
 - Google Chrome/Chromium版Edge
 - Firefox
 - Microsoft Edge(旧Edge)
 - Safari
■ ゲストがIEをご利用の場合
 - IEでのアプリインストール手順(ゲスト側の操作となります)


■ お客さま画面共有機能の活用シーン
お客さま画面共有機能は、以下のようなシーンでご活用いただけます。

ゲスト側の画面を見ながら商談を進めたい場合に
クラウドサービスを活用いただく際のサポートに
お客さまの画面を見ながらサービスの操作説明を行う際に




■ お客さま画面共有の操作手順
手順①
接続中に、ホスト/ゲストどちらかで[画面共有]をクリックします。


手順②

< ホスト側で[画面共有]をクリックした場合 >
[画面を共有してもらう]をクリックすると、ゲスト側に画面共有の許可申請が表示されます。
[許可]を選択し、共有する画面を選択していただくようお伝え下さい。

< ゲスト側で[画面共有]をクリックした場合 >
共有する画面の選択ウィンドウが表示されます。


手順③
ゲスト側で共有する画面を選択し、[共有]をクリックすると画面共有が開始されます。




■ ご利用ブラウザごとの画面共有時の画面遷移・利用できる共有タブ
ゲスト側でご利用のブラウザごとに、選択できる共有タブや画面遷移が異なります。
各ブラウザごとの共有タブ・画面推移は以下となります。

- Google Chrome/Chromium版Edge

使用できる共有タブ:
全画面
ウィンドウ
chromeタブ(Chromeブラウザのみ)
Microsoft Edgeタブ(Chromium版Edgeブラウザのみ)

画面遷移(ゲスト側)


- Firefox

使用できる共有タブ:
全画面
ウィンドウ

画面遷移(ゲスト側)


- Microsoft Edge(旧Edge)

使用できる共有タブ:
全画面
ウィンドウ

画面遷移(ゲスト側)


- Safari

使用できる共有タブ:
全画面

画面遷移(ゲスト側)



■ ゲストがIEをご利用の場合

IEブラウザをご利用のゲストがお客さま画面共有を利用するには、ゲスト側にてアプリのインストールが必要です。

※ ゲスト側のセキュリティポリシーでアプリのインストールが制限されている場合、当機能はご利用できません。
※ ゲスト側がIEブラウザをご利用の場合、共有できるタブは「全画面」のみとなります。
※ 既にアプリをインストール済みのゲストでは、手順⑥からスタートとなります。

- IEでのアプリインストール手順(ゲスト側の操作となります)
手順①
接続開始後、ホスト側で[画面共有][画面共有してもらう]をクリックします。

手順②
ゲスト側に下記画面が表示されるので、「画面共有機能をダウンロードする」(画像赤枠内)をクリックしてもらいます。
▼ ゲスト側の画面イメージ
「このWebサイトから、このコンピューターのアプリを開けるようにしますか?」というメッセージが表示された場合、「許可」をクリックしてください。

手順③
ゲスト側にウィンドウ下部に「cdn.bell-face.com から bellFace Screen Share Setup.exe を実行または保存しますか?」と表示されるため、「実行 (R)」をクリックしてもらいます。

手順④
「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」という表示が出たら、「はい」を選択します。(メッセージはOSの種類によって異なることがあります。)

手順⑤
インストール完了後、接続ウィンドウで「画面共有を開始する」をクリックします。

手順⑥
「このWebサイトがこのコンピューターのプログラムを開くことを許可しますか?」というポップアップで「許可」をクリックします。

手順⑦
「共有するモニターを選択してください」と表示され、画面共有が開始されます。
※ モニター選択画面の起動に数秒かかる場合があります。





当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
■ 関連ヘルプページ
お客さま画面共有機能

最終更新日:2021/09/18