アカウント停止機能

アカウント停止機能

最終更新日:2020/11/04 Yoshiko Aiba

アカウント停止機能では、ご利用予定のないアカウントを停止(削除)できます。
下記のような場合にご活用ください。

異動・退職される方のアカウントを削除する場合
新規アカウント発行が必要だが、契約ID数が上限に達しているため他アカウントを停止する必要がある場合
  ↪ アカウント停止は即反映されるため、停止後に新規アカウント発行可能です。


停止したアカウントは30日間は有効化できません。

(2020/05/22よりアカウント削除機能から本機能へ変更いたしました)


アカウントの停止方法

1. ユーザー管理画面にて、該当アカウントのお名前の少し右にマウスカーソルをあわせると「停止」ボタンが表示されます。



2. 以下どちらかの停止ボタンをクリック

[資料を引継いでアカウント停止]
 ↪ 資料を引き継ぐユーザーを選択できます

[資料を引継がずにアカウント停止]
 ↪ 後日アカウントを復旧した場合、資料も復元されます

3. 確認画面で「停止する」をクリック


4. アカウントが停止され、「有効アカウント一覧」画面では非表示となります 。


<停止するアカウントが複数ある場合>
10件以上の停止アカウントがある場合は当社にて一括停止が可能です。
[アカウント停止一括申請シート]に記入後、チャットサポートへお問い合わせください。
当方で一括停止を行う場合、該当アカウントの方が編集者である資料はご利用いただけなくなります。(後日アカウントを復旧した場合、資料も復元されます。)

また、共有資料・フォルダのあるアカウントは当社では停止できませんので、管理者権限のアカウントで停止をお願いいたします。



停止アカウントの確認・復旧方法

1. ユーザー管理画面の右上のプルダウンから「停止アカウント一覧」をクリック


2. 停止されているアカウント一覧が表示されます。
復旧したいアカウントの「有効化」にチェック →「アカウントを有効化する」をクリック後に有効化されます。

※ 停止から30日以内の場合は有効化できません。ご注意ください。




3. 停止後も商談記録には残るため、商談記録ページにてユーザー名で検索可能です。
  ↪ ユーザー名の末尾に(停止)と表示されます



操作ミス等で30日以内の有効化をご希望の場合は、チャットサポートへご相談ください。