デュアルモニターご利用時のレコログ設定

デュアルモニターご利用時のレコログ設定

このページでは、デュアルモニターご利用時の録画画面設定を解説します。


デュアルモニターをご利用の場合、レコログで録画できるモニターはどちらかの画面のみとなります。

以下の手順より、録画するモニターを事前に設定することが可能です。
録画される画面は固定となるためご注意ください。


録画画面の設定手順
手順①. レコログアプリを開く
Windowsの場合
スタート画面[BFDesktopCapture]と検索
[BFDesktopcapture]をクリック



Macの場合
Launchpad > [BFDesktopcapure]
[BFDesktopcapure]をクリック


手順②. 録画するモニターを設定
以下のレコログアプリ設定ウィンドウ[録画するスクリーンを選択]のプルダウンより、録画されるモニターを設定し、[OKボタン]をクリックしてください。



[Auto]… レコログ・アプリが起動した際に、マウスカーソルのあるディスプレイが録画されます。
[#1]… メインモニターが録画されます。
[#2]… サブモニターが録画されます。
※ 「Auto」以外の任意のスクリーンを選択した場合
レコログアプリ Windows版 1.2.6 / Mac版 0.1.32 以降は、録画される画面に「このスクリーンを録画します。」というメッセージが表示されます。


< 録画画面の注意点 >
接続ウィンドウや画面共有画面などを録画に残したい場合には、必ず録画設定をしたモニター上で操作を行ってください。

例)[#1]メインモニターを録画画面に設定した場合
メインモニター上で接続を開始してください。
画面共有にて「画面全体の共有」を行う際には、画面1(メインモニター)を選択してください。
共有したいウィンドウや資料などをメインモニター上で表示させてください。
サブモニターで接続開始、画面共有を行った場合は以下の方法で録画に残すことが可能です。

▼ サブモニターで接続開始した場合

▼ サブモニターの画面全体を画面共有した場合




当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
■ このカテゴリーのページ
デュアルモニターご利用時のレコログ設定

最終更新日:2022/07/09