マスキング機能の制約事項

マスキング機能の制約事項

このページでは、リモートコントロール・マスキング機能の制約事項を解説します。


リモートコントロール・マスキング機能の制約事項は、以下となります。

1.画面が初期描画されたあとにJavascriptなどを用いてページ構成が変化するWebサイト(Single Page Application/SPAなど)の場合、マスキングが正しく動作しない場合があります

2.マスキングによりページ構造が変わるため、Webサイトの動きを阻害してしまう可能性があります
例)入力値にエラーがあった場合にエラーメッセージが表示されない、など

※ 上記制約事項より、マスキング機能を導入される場合は以下を事前に検証ください
意図通りにマスキングがおこなわれるか
マスキングによりWebサイトの動きを阻害していないか




当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
■ このカテゴリーのページ
マスキング機能の制約事項

最終更新日:2022/09/15