レコログ|録画開始~データ解析までの流れ

レコログ|録画開始~データ解析までの流れ

トップページ » レコログ|カテゴリートップ » レコログ|録画開始~データ解析までの流れ
このページでは、レコログの録画開始~アップロード、データ解析までの流れに関連するヘルプページをまとめています。

録画時間の上限は120分となります。
120分経過と同時にレコログは終了し、アップロードが開始されます。
録画は継続されないためご注意ください。
Web商談の場合、再入室をおこなうとレコログは終了されます。
Windows版のレコログでは、録画中にPCの音量が自動でミュートになります。



■ 1.録画開始
レコログは商談の開始と同時に自動で録画が開始されます。

※ レコログアプリインストール後の初回接続時のみ、モーダル上での選択が必要となります
詳しくは以下ページをご確認ください。

- 関連ヘルプページ



■ 2.録画中
Windows版のレコログでは、録画中にPCの音量が自動でミュートになる設定がおこなわれています。
ミュートを解除した場合には、ハウンリングなどの音声トラブルが発生する可能性があるためご注意ください。

- 関連ヘルプページ



■ 3.録画終了
接続を終了すると同時に録画は自動で終了し、録画データのアップロードが開始されます。
PC・ネット環境にもよりますが、1時間以内の録画データは数十秒〜数分程度でアップロードされます。

- 関連ヘルプページ



■ 4.レコログを確認する
アップロードが完了したレコログは、管理画面上(商談記録基本検索画面)にて確認/再生することができます。

- 関連ヘルプページ



■ 5.レコログのデータ解析
レコログではホスト・ゲスト双方の音声がテキスト化(文字起こし)され、データ解析が行われます。
解析されたデータは、「会話検索」や「コミュニケーション比較」のデジタルOJTとして活用されます。

- 関連ヘルプページ



▼ レコログの解説を動画で見る ▼



当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
■ このカテゴリーのページ
レコログ|録画開始~データ解析までの流れ

最終更新日:2023/01/06