共有フォルダを活用して複数資料をまとめて共有する

共有フォルダを活用して複数資料をまとめて共有する

このページでは、共有フォルダを活用して複数資料をまとめて共有する方法を解説します。


以下いずれかの方法を用いることで、複数資料をまとめて共有することが可能です。

未共有のフォルダを作成し該当の資料を格納後、フォルダを共有状態にする
共有フォルダを作成し、該当の資料を格納する

※ 資料の共有先は、フォルダの共有先に準じて変更がされます
※ 格納されている資料は、個別に共有先の変更や共有解除が可能となります




当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
■ このカテゴリーのページ
共有フォルダを活用して複数資料をまとめて共有する

最終更新日:2022/08/20