対モバイル接続の際に気をつけること

対モバイル接続の際に気をつけること

トップページ » 電話商談|カテゴリートップ » 電話商談|対モバイル接続 » 対モバイル接続の際に気をつけること
このページでは、ゲスト側がモバイル端末をご利用の場合の注意点を解説します。
※ モバイル端末は、Web商談(複数拠点接続)ではご利用いただけません。

< 目次 >
■ 端末の向きは横向きでのご利用が推奨
■ Chromeアプリでのご利用が必須
■ ゲスト側カメラを使用する場合の注意点
■ 画面共有時は相手にも見やすく配慮しましょう
■ モバイルブラウザはページから離れると接続が切れてしまう
■ 動画資料は、ミュートの状態で再生されます
■ iPhone5/5sの端末をau回線でご利用の場合、通話中にインターネットを利用することが出来ません。



■ 端末の向きは横向きでのご利用が推奨
ゲスト側の画面は、商談画面や資料表示のサイズが小さくなってしまうため、横向きでのご利用を推奨しています。
横向きと縦向きの場合、以下の点が異なります。

< 横向きの場合 >
商談画面・資料表示サイズ:
縦向きと比較し、大きく表示することができます。
共有メモ:
ゲスト側から共有メモを入力することができません。
ゲスト側で共有メモを入力したい場合は、縦向きでご利用ください。
ホスト側カメラ映像:
ホスト側・ゲスト側にもライブ映像が表示されます。

< 縦向きの場合 >
商談画面・資料表示サイズ:
横向きと比較し、表示が小さくなります。
共有メモ:
ゲスト側からも共有メモを入力することができます。
ホスト側カメラ映像:
ホスト側に自身のライブ映像が表示されない可能性があります。

その他、ゲスト側がモバイル端末の場合には、一部機能の制限がございます。
詳しくは以下をご参照ください。



■ Chromeアプリでのご利用が必須
Yahoo! アプリや LINE内ブラウザ、[Googleの検索アプリ] など、他のアプリではナンバー発行できませんのでご注意ください。



■ ゲスト側カメラを使用する場合の注意点
ゲスト側カメラは、下記条件で起動します。

上記条件に合致し、最新バージョンにアップデートしてもカメラが起動しない場合は、チャットサポートまでお問い合わせください。



■ 画面共有時は相手にも見やすく配慮しましょう
画面共有の際は、ホスト側のPCモニターで表示しているウィンドウをゲストの小さな画面に表示させるため、ゲスト側では見にくい状態になってしまうことがあります。
そのため、共有時にはアプリケーションウィンドウ共有を選択し、共有しているウィンドウサイズを小さくしてゲスト側にお見せください。
(ベルフェイス接続ウィンドウのサイズが目安です)




■ モバイルブラウザはページから離れると接続が切れてしまう
ゲスト側で下記操作を行った場合、デバイスの仕様上接続が切れてしまうことがあります。

接続中のタブ以外に他タブやアプリを開く
一定時間操作を行わず、自動ロックがかかってしまった

なるべく他の画面に移らないようにするか、やむを得ず他の画面に移る場合は、戻る際に再接続が必要になる可能性がある旨をお伝えください。


※ ゲストがiPhone × Safariの場合
Safari内で接続画面以外のタブを開いている場合、Safariの仕様上1分ほどで接続終了されますのでご注意ください。




■ 動画資料は、ミュートの状態で再生されます
動画資料はモバイル端末の仕様上、音声がミュートの状態で再生されます。
音声込みの動画資料を共有する場合は、再生時にゲストへミュート解除を誘導してください。



■ iPhone5/5sの端末をau回線でご利用の場合、通話中にインターネットを利用することが出来ません。
通信方式の仕様上、通話とデータ通信を同時に行えないため、上記端末をご利用のゲストの場合はWi-Fiをご利用の上が必須となります。





当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
関連ヘルプページ
対モバイル接続の際に気をつけること

最終更新日:2021/02/25