資料を社内ユーザーに共有する

資料を社内ユーザーに共有する

このページでは、資料を社内ユーザーに共有する手順を解説します。


bellFaceにアップロードした資料を共有することで、以下がおこなえるようになります。

共有先の組織に所属するユーザーの閲覧が可能になる
共有されたユーザーが接続中の「資料共有」機能で該当の資料を使用できるようになる


※ 資料の共有は、編集者本人のみが実行できます
※ 共有先は、管理者/組織管理者ユーザーにて設定が可能な「共有可能な範囲」内で選択が可能となります
詳しくは、以下をご確認ください。


■ 操作手順
手順1.
管理画面メニュー[資料管理]にアクセスします。


手順2.
共有したい資料にカーソルをあわせ、[共有する]をクリックします。


手順3.
「資料を共有」モーダルウィンドウが表示されるので、[共有する]トグルをONにします。


手順4.
以下の設定をおこないます。
①:共有する組織の変更
[変更]をクリックし、資料を共有する組織範囲を選択することができます。
共有先は組織単位でのみ設定が可能となります。共有先をユーザーごとに設定することはできません。

②:共有資料の説明文追加
[説明を追加]をクリックし、必要に応じて資料の説明文を入力します。
説明文の入力は必須ではありません。


手順5.
[保存する]をクリックし、資料の共有は完了となります。




当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
■ このカテゴリーのページ
資料を社内ユーザーに共有する

最終更新日:2022/10/06