2020/11/05 コミュニケーション比較機能 リリース

2020/11/05 コミュニケーション比較機能 リリース


🤔「同じオンライン営業なのに、なぜアノ人は成績が良いのだろう?」
😲「訪問では私の方が良い成績だったのに、オンライン営業ではAさんの方が...」
😥「人によって真逆のアドバイスをされることも。何を信じたら良いのか...」

オンライン営業とはいえ営業は変わらず、常に求められるものは「成績」です。

もっと成績を良くするには?自分の何がいけないのか?と悩んでも、待っているのは「経験、勘、根性の3K 」ばかり。

そんなお悩みの方をサポートするのが、今回の " コミュニケーション比較機能 " となります。

例えば、
「商談中はお客さまに出来るだけ話しをさせろ」とアドバイスをもらうけど本当なの?
 ↪ ”商談中に営業側が話した割合分析”で比較可能です。

お客さまと話しの速度が合っているのがハイパフォーマーと聞いた事があるけど本当?
 ↪ ”お客さまと話の速度が合った割合分析”で比較可能です。

他にも商談中に表示した資料の比較だけではなく、ページ単位で比較も可能です。
また、発言内容もテキスト化しているため、どのような会話傾向があるのかも分析可能です。
自分とハイパフォーマー、自分と同期等、比較をすることで違いが分かるコミュニケーション比較機能。ぜひ、営業成績アップ、営業スキル向上にお役立てください!




本機能で比較できる主なデータ

ハイパフォーマーは何の資料を使って商談をしているのだろう?
 ↪ 資料単位での比較機能


同じ資料の場合、ハイパフォーマーはどのページを重点的に説明しているのだろう?
 ↪ ページ単位での比較機能


bellFaceのどの機能を使いながら商談をしているのだろう?
 ↪ bellFace機能活用比較機能


商談中、営業が話している時間が長い?お客さまが話している時間が長い?
 ↪ 話した比率比較機能

商談中、お客さまの話す速度と営業が話す速度、一致している頻度はどれぐらい?
 ↪ ペーシング比較比較機能

商談中、営業が「失礼いたしました」など、謝罪の言葉を言っている回数は?
 ↪ お詫びの発言回数比較機能

商談中、営業がよく発言している金額は?
 ↪ 商談中に発言した金額回数比較機能


主な分析は以上となりますが、他にもいくつか分析がございます。
ぜひぜひ実際に触っていただき、データを比較しご活用ください。



操作方法

ベルフェイス管理画面
→[レコログ分析]
→[コミュニケーション比較]を選択
→ 比較したいユーザー期間を設定
→[比較する] ボタンをクリック


機能の詳細については レコログ|レコログ分析・コミュニケーション比較 のページをご参照ください!



ご利用にあたって

本機能のご利用条件
1. 既にレコログ分析機能がONになっている
2. 接続履歴の閲覧範囲が本人のみではなく、全メンバー公開になっている

※ 現在のご利用状況が不明な場合は、カスタマーサクセス担当へご連絡ください。


今回リリースしたのは第一弾となります。
皆さまからのフィードバックをいただきながら、また、新たに営業成績に相関性がありそうな分析項目が発見された場合、第二弾、第三弾とリリース予定です。ご利用されてみてのご感想、及び、分析項目のアイディア等ある方、どしどしフィードバックいただければ幸いです。
皆さまよりの率直なご意見を参考にプロダクトの完成度をより高いものへと進化させてまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。


■関連ヘルプページ

#リリースノート はリリース日時点の情報となります。文章・画像内の文言が現在の仕様と異なる場合がありますのでご了承ください