ソフトフォン(IP電話)ご利用時のレコログ設定

ソフトフォン(IP電話)ご利用時のレコログ設定

トップページ » レコログ|カテゴリートップ » レコログ|よくある問い合わせ・トラブル » ソフトフォン(IP電話)ご利用時のレコログ設定
電話商談とソフトフォン(IP電話)を同一端末でご利用の場合、接続時(レコログ起動時)にホスト/ゲストの音声が二重に聞こえる場合があります。
本ページでは、ソフトフォンご利用時のレコログ設定方法について解説をします。

< 目次 >
■ 対象ユーザー
■ 概要
 - Windows版 レコログアプリの仕様
 - ソフトフォンをご利用の場合に必要な設定
■ 接続前の設定
■ 接続時(レコログ起動時)の設定


■ 対象ユーザー
Windows端末をご利用の方
※ Mac端末は録音方式が異なるため対象外となります
電話商談とソフトフォンを同一端末でご利用の方
レコログアプリ Windows版 0.2.11(2020/07/31~)をご利用の方


■ 概要
- Windows版 レコログアプリの仕様
Windows版 レコログアプリは、レコーディング開始と同時に「PC全体のマスター音量」が自動でミュートになります。

ゲスト側の音声はブラウザ上で出力され録音が行われるため、ゲスト音声が「PCスピーカー」と「電話」から同時に聞こえる状態を避けるための仕様となります。


- ソフトフォンをご利用の場合に必要な設定
電話商談とソフトフォンを同一端末でご利用時、ソフトフォンにて音声通話を行う場合はPCマスター音量のミュートを解除する必要があります。

その際、前述したレコログの仕様によって、「録音のためにブラウザ上で出力される音声」「ソフトフォンから出力される音声」が二重に聞こえる場合があります。

そのため、ソフトフォンをご利用の場合には以下の設定が必要となります。

接続前の設定
ベルフェイス接続を行うブラウザの音声出力をミュートに設定します
録音のためにブラウザ上で出力される音声がスピーカーから流れないようになります
接続開始時(レコログ起動時)の設定
ソフトフォンにて音声通話を行うため、接続開始時(レコログ起動時)にPCマスター音量のミュートを解除する必要があります


■ 接続前の設定
ベルフェイス接続を行うブラウザの音声出力をミュートに設定します。
※ 設定後はブラウザの通知音などもミュートとなるため、必要に応じて解除をお願いします
※ 接続開始時には、後述の「レコログ起動時(接続時)の設定」も必ず行ってください

手順1.
スタート画面[設定][システム]を選択

手順2.
[サウンド]「アプリの音量とデバイスの設定」を選択


手順3.
ソフトフォンの種類によって、以下の設定を行ってください。

<アプリケーションのソフトフォンをご利用している場合>
ベルフェイス接続を行うブラウザをミュートします。

▼ Chromeでベルフェイス接続を行う場合



<ブラウザベースのソフトフォンをご利用している場合>
※ ブラウザベースのソフトフォンをご利用の場合、ソフトフォンとベルフェイスは異なるブラウザをご利用頂く必要があります
ベルフェイス接続を行うブラウザ「のみ」をミュートします。

▼ Chromeでベルフェイス接続、Edgeでソフトフォンを利用する場合


- 接続開始時(レコログ起動時)の設定
レコログ起動時(接続開始時)は、PC全体のマスター音量がミュートとなります。
ソフトフォンにて音声通話を行うため、接続開始時(レコログ起動時)にPCマスター音量のミュートを解除する必要があります。

手順1.
タスクバーに表示されている スピーカーアイコン を開き、「✕の付いたスピーカーマーク」をクリックすることでミュートが解除されます。

手順2.
✕マークが消え、ミュートが解除出来たことを確認してください。




当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
■ 関連ページ
ソフトフォンご利用時のレコログ設定

最終更新日:2021/09/21