Salesforce連携|エクスポート先に「任意のオブジェクト」を利用する場合の設定

Salesforce連携|エクスポート先に「任意のオブジェクト」を利用する場合の設定

トップページ » Salesforce連携|カテゴリートップ » Salesforce連携|設定方法 » Salesforce連携|エクスポート先に「任意のオブジェクト」を利用する場合の設定
このページでは、Salesforce連携機能において、エクスポート先を「任意のオブジェクト」として利用する場合の設定に関するヘルプページをまとめています。

■ 設定手順
以下ヘルプページをご参照いただき、設定を行ってください。
ご不明点がございましたら、チャットサポートまでご連絡ください。











※Salesforce連携を利用するには、ユーザー毎にOAuth認証を行う必要があります。
ユーザーのOAuth認証が済んでいない場合、連携操作時にOAuth認証が求められます。
ユーザーのOAuth認証手順および本機能の利用方法は、以下ヘルプページに記載しております。本機能をご利用される方へご案内をお願いいたします。
ユーザーのOAuth認証設定状況はユーザー管理画面にてご確認いただけます。


当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
【関連ヘルプ】

最終更新日:2022/11/21