Salesforce連携|設定6.インポートマッピングの設定(エクスポート先:任意のオブジェクト)

Salesforce連携|設定6.インポートマッピングの設定(エクスポート先:任意のオブジェクト)

トップページ » Salesforce連携|カテゴリートップ » Salesforce連携|設定方法 » Salesforce連携|エクスポート先に「任意のオブジェクト」を利用する場合の設定 » Salesforce連携|設定6. インポートマッピングの設定(エクスポート先:任意のオブジェクト)
このページでは、Salesforce連携機能において、エクスポート先を「任意のオブジェクト」として利用する場合の設定について解説をします。


設定6.インポートマッピングの設定
Salesforceの情報をbellFaceへ連携するための設定を行います。


1. ベルフェイス[管理者メニュー][Salesforce連携]

2. [インポートマッピング]

3.連携したい項目に合わせてSalesforceのAPI参照名を設定
連携元オブジェクトが商談、リード、取引先、取引先責任者の場合、 [標準項目に設定する]よりオブジェクトを選択することで、自動でマッピング設定を行うことができます。
連携元オブジェクトが商談、リード、取引先、取引先責任者以外の場合、bellFace商談記録に表示させたい項目を、同じデータ型項目にてAPI参照名を入力し設定していただくことで、bellFace商談記録に表示させることができます。
Salesforce連係を利用されるユーザー全員が参照可能な項目を設定してください 。参照権限がない場合、連携を行うことができません。
連携可能項目、API参照名、データ型は、以下のページをご参照ください。
商談や取引先等において、取引先責任者は「プライマリ」に指定されているレコードがインポート対象となります。

4. [保存]


以上で設定6は完了です。


【次の設定】




当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
【関連ヘルプ】

最終更新日:2022/11/21