Slack連携の連携条件・連携内容

Slack連携の連携条件・連携内容

このページでは、ベルフェイスのSlack連携でできることや連携内容、通知される条件を解説します。

Slack連携の設定方法は、以下ををご確認ください。



■ Slack連携でできること
ベルフェイスとSlackを連携させることで、設定したSlackチャンネルにベルフェイスの商談ログを通知することが出来ます。
プライベートチャンネルへの通知も可能です。

▼Slack上の通知内容


- Slack連携により通知される内容
Slack連携により、Slack上に通知される内容・項目は以下となります。

【ホスト名】
【接続日時】
日時:
接続時間:
【商談先情報】
企業名:
役職名:
役職:
担当者名:
【商談評価情報】
打ち合わせ内容:
手応え:
お客さまアンケート
フリーコメント
※アンケート・フリーコメントは、アンケート機能がOFFの場合は表示されません
【レコログ確認用URL】
※ 録画されていない場合は表示されません
※ 録画データはアップロード完了後より視聴可能となります
レコログ確認用URL
【入力メモ】
※ 共有メモ機能がOFFの場合は表示されません
入力があれば記入された文字を表示
【提案ログ】
【クラウドサイン情報】
※クラウドサインが送信されていない場合は表示されません


- 通知内容を変更したい場合

通知内容の一部は、以下の画面から通知要否の設定変更が可能です。
管理画面メニュー[設定][外部サービス連携][Slack][通知内容の編集]



■ Slack連携により通知がされる条件
Slack連携による通知条件は以下となります。

対象ユーザー:
全ユーザー
対象接続:
電話商談(1対1)
Web商談(~5人)
接続時間:
3分以上の接続
連携条件:
Slack連携がされる条件は、ホスト・ゲスト側ぞれぞれが以下の操作を行った場合に、接続終了という判断がされて連携が開始されます。
※ 条件に合致した場合、基本的には即時通知されます。
※ 何かしらの理由で即時通知がされなかった場合、毎日19時に一斉通知がされます。
【ホスト側】
接続終了時、以下のいずれかのアクションを行った場合
商談記録の[保存する]ボタンをクリックする
商談記録の[保存する]ボタンをクリックせず、ブラウザを閉じる
ブラウザをリロードする(接続終了を検知できず通知が届かない場合があります)

【ゲスト側】
接続終了時、以下のいずれかのアクションを行った場合
アンケートの[保存する]ボタンをクリックする
アンケートウィンドウを閉じる
ブラウザを閉じる
ブラウザをリロードする(接続終了を検知できず通知が届かない場合があります)



アンケート機能がOFFの場合やWeb商談では、アンケート画面は表示されなせん。
この場合、ホスト側の条件のみで接続終了を判断します。







当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
■ 関連ページ
Slack連携の連携条件・連携内容

最終更新日:2021/09/24