Webカメラのドライバの更新(Windows 10)

Webカメラのドライバの更新(Windows 10)

トップページ » ご利用端末の設定に関して|カテゴリートップ » Webカメラのドライバの更新(Windows 10)
ここではWindows10をご利用の方に向け、Webカメラのドライバ(Webカメラを動作させるためのソフトウェア)を更新する手順を解説します。


手順①
Windowsマークを右クリックし、表示されるメニューからデバイスマネージャーを起動します。


手順②
デバイスマネージャーから[カメラ](または[イメージングデバイス])の項目を展開し、搭載されているカメラのドライバを右クリックします。「ドライバーの更新」をクリックします。

※ここで「カメラ(またはイメージング デバイス)」が表示されない場合、ドライバがインストールされていない可能性があります。企業のシステム管理者さま、もしくはPCメーカーへご確認ください。



手順③
「ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索(S)」をクリックすると、読み込みが走ります。ドライバーの更新が実施された場合は、PCを再起動してから、Webカメラの動作をご確認ください。





当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
■ 関連ページ
Webカメラのドライバの更新(Windows 10)

最終更新日:2021/09/25