Web商談接続後の操作方法

Web商談接続後の操作方法

最終更新日:2020/09/23 Yoshiko Aiba

Web商談接続後の操作方法を解説します。
Web商談の接続方法は こちら をご参照ください。

Web商談の上限時間は、商談開始より 120分 となっています。120分を経過すると自動的に接続終了となり再接続が必要です。


【接続後の操作方法】

1. 接続前プレビュー画面が立ち上がりますのでマイク、カメラなどのチェックを接続前に行えます。
※認識されている場合、緑の✔がつきます。(※2020/03/05~)

準備ができましたら をクリックします。



2. 立ち上がったページ中央にWeb会議のURLが表示されます。
事前に共有がお済みでない場合は、 をクリックしWeb商談のURLをコピーし、メールなどでゲストに共有します。



※接続後のダイアログを閉じてしまった場合は[待機室]メニューから招待URLをコピーできます。




3. ゲストがURLにアクセスし、[入室する]をクリック/または[接続前プレビュー画面]に入った時点で主催者の[待機室]メニューに音声と通知が入ります。
主催者が をクリックすることでゲストがWeb商談に参加できます。

ゲスト側の参加手順はこちら

ゲストが全て参加しましたら必要に応じて[待機室]メニューにて入室制限を設定します。



【接続中の注意点】
商談記録は主催者のみに残ります。そのため、参加者が共有メモをダウンロードしたい場合は、接続を切る前にダウンロードするようお願い致します。


4. 主催者が[接続を終了する]のボタンを押すと、会議が終了します。(もしくは120分経過で自動的に終了します。)


【残り時間について】
URL発行から110分が経過すると、画面上部に残り時間が表示されます。

▽10分未満の場合

▽3分未満の場合


5. 会議終了後にお客さま情報を入力するウィンドウが表示されます。
必要情報を入力し、[保存する]をクリックください。



- 関連記事 -