マーカー機能(利用条件・使い方)

マーカー機能(利用条件・使い方)

このページでは、資料共有時に資料に書き込みができる「マーカー機能」の利用条件・使い方を解説します。


マーカー機能とは、接続時に[資料共有]をおこなった際、共有した資料にマーカーを引くことができる機能となります。

資料で強調したい部分や案内したい箇所にマーカーを引くことで、より対面と変わらないプレゼンテーションをおこなうことが可能です。

※ 当機能はご利用環境ごとに機能制限/解除の設定が可能です
機能制限されている場合は、当機能はご利用いただけません。事前に設定状況をご確認ください。
詳しくは、『bellFaceの機能制限/解除』ページをご確認ください。
※ 電話商談では、ホスト側のみマーカー機能をご利用いただけます
※ Web商談では、ホスト/ゲストともにマーカー機能をご利用いただけます
※ マーカーは書き込んでから3秒経過、もしくはページ変更すると自動で消えます
※ マーカーの内容を保存することはできません


<目次>
■ マーカー機能の利用条件
■ マーカー機能の使い方
 - PCの場合
 - iPadの場合



■ マーカー機能の利用条件
※ Web商談の場合、ホスト・ゲスト共にPCからのみのご利用となります



■ マーカー機能の使い方
- PCの場合
手順1.
「電話商談」または「Web商談」でbellFaceに接続し、資料共有を行う。
資料共有の手順は、以下をご確認ください。


手順2.
資料上でドラッグすることで、マーカー機能による書き込みが行えます。



▼ ホスト側の書き込みは、ホスト側・ゲスト側共に、青色マーカーで表示がされます。

▼ ゲスト側の書き込みは、ホスト側・ゲスト側共に、黄色マーカーで表示がされます。


- iPadの場合
資料共有中に [マーカーボタン]をONにすることで利用できます。
マーカー機能がONの間は、資料のスクロールや拡大縮小が一時的に行えなくなります。
解除するには再度マーカーボタンをクリックください。

▼ ホスト側がiPadの場合(ホスト側・ゲスト側共に、青色マーカーで表示がされます)

▼ ゲスト側がiPadの場合(ホスト側・ゲスト側共に、黄色マーカーで表示がされます)

▼ 動画イメージ




▼ 資料管理の解説を動画で見る ▼



当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。  
■ このカテゴリーのページ
マーカー機能(利用条件・使い方)

最終更新日:2022/08/20