Web商談で接続中に使える機能

Web商談で接続中に使える機能

最終更新日:2021/04/22 Yoshiko Aiba

このページでは、Web商談中に使用できる機能について解説します。

<目次>
■ 接続中の注意点
■ 各機能の説明
共有メモ機能
資料共有機能
画面共有機能
表示名変更
環境設定
マイク音量調整
再入室機能


■ 接続中の注意点

商談記録は主催者のみに残ります。そのため、参加者が共有メモをダウンロードしたい場合は、接続を切る前にダウンロードするようお願い致します。

残り時間について
Web商談の上限時間は、商談開始より120分です。そのため、商談時間が残り10分未満・3分未満になると、画面上部に残り時間が表示されます。

▽10分未満の場合


■ 各機能の説明
【 共有メモ機能 】

通常版のベルフェイスと同様、共有メモが使えます。
事前に設定したテンプレート(共通テンプレート含む)も利用可能です。

配置は固定となっています。
右下の[ダウンロードマーク]をクリックすると、自分のパソコンにメモをダウンロードできます。
ホストが[ダウンロードマーク]をクリックすると、ゲストへもダウンロード依頼ができます。
メモを閉じている(最小化している)ときに他の参加者のうち誰かがメモを編集すると、自動的にメモ表示が復活します。

上部の矢印アイコン()をクリックするとメモを広げることできます。


【 ファイル送信機能 】

接続中にあらゆる形式のデータファイルを送受信することが可能です。
送信側(メニューをクリックした側)は「送信するファイルを選択」または「ドラッグアンドドロップ」する画面に変わります。

ファイルは参加者全員へ送信されます。
複数ファイルの 一括送信も可能 です。
一度に送れるファイルの合計容量は ファイル形式を問わず最大50MB です。
一般的なPDFやOfficeファイルはもちろん、Zipファイルやexeファイル、画像・動画データなども送受信可能です。


【 名刺プロフィール機能 】

[名刺表示]をクリックすると、名刺情報を参加者全員に表示することができます。
参加者側に表示される[名刺情報を受取る]をクリックすると、参加者が名刺情報をダウンロードする(テキスト形式)ことが可能です。



資料共有機能 】

主催者は [資料共有] メニューから登録済みの資料を共有することができます。
トークスクリプト・目次機能も通常版のベルフェイスと同じように使用できます。
また、資料共有中はマーカー機能を利用できます。(ホスト/ゲストとも)

電話商談と同じように右クリックでの資料切り替えもできます。


画面共有機能 】

[画面共有]メニューをクリックすると画面共有が可能です。ゲストユーザーでも使用できます。
共有を行ったホスト(またはゲスト)の画面のみが表示されます。


<一部のお客さまのみ>
全画面共有を制限されている一部のお客さまは、画面共有拡張機能のインストールが必要です。
画面共有を選択した際にインストールの項目が表示された場合、以下のご設定をお願いいたします。
※電話商談とは別の拡張機能が必要になります。


[インストール]をクリックすると以下の画面が現れるので、[Chromeに追加]をクリックして拡張機能を追加してください。

接続画面に戻ると、共有画面を選び画面共有を開始できるようになります。


【表示名変更】

接続中に自身の右横にある鉛筆マークをクリックすることで、表示名を変更できます。(ホスト/ゲスト共)
入力文字数は8文字までとなります。
他の人の名前は変えられません。
マーカー機能利用時の名前へも、変更が反映されます。

■参考動画


【 環境設定 】

カメラまたはマイクアイコン横の 「^」 をクリックすると、カメラ・マイク・スピーカーの設定メニューが立ち上がります。
各デバイスが複数接続されている端末の場合などは、こちらから使用するものを選択してください。



【 マイク音量調整 】

参加者のマイク音量を個別に調整することができます。調整したい参加者のライブ配信枠を 右クリック するとスライダーが表示されますので適切な音量に変更してください。



【 再入室機能 】

映像、音声の乱れがあるなど再度接続を行いたい時にご利用いただきます。
[再入室ボタン]が押せる場合は、まずこちらをお試し下さい。


ホスト側が行う場合
1. 再入室ボタンをクリック
2. 接続前プレビューに戻るので[入室する]ボタンをクリック

ゲスト側が行う場合
1. 再入室ボタンをクリック

<ご利用にあたっての注意事項>
ホストが再入室ボタン押下後、3分以内に再入室されない場合、商談は終了致します。(同じURLをクリックしても商談終了のため入室ができません)
ホストが再入室を行いますと、その時点でレコログの記録はストップします。(再入室しても継続して記録はされません)
ホストが再入室のため抜けている間は、ゲスト参加者は共有メモの編集はできません。


【レコログ機能】

商談の様子を録画することができます。
録画ができない場合は、以下ページをご確認ください。


■ 関連ヘルプページ

トップページ » Web商談 » Web商談で接続中に使える機能